賃貸の古い玄関ドアからの隙間風がひどいため隙間風対策をしました。

door

ドアのパッキンが古くなり、隙間が大きくなっていて隙間風が入ってくるようになっていました。隙間風用のテープなどを張っていろいろ試しているようでしたが、完全に隙間風を防ぐことができていない様子でした。

古くなったパッキンを剥がし、ネットで同じような形状のパッキンを探しましたが、使えそうなパッキンが見つかりませんでした。

パッキンの形状はこんな感じです。ホームセンターも探してみましたありませんでした。

手に入る部材で対応することにしました。パッキンを剥がした位置に起毛の隙間防止テープを貼り更にクッション材で補強することにしました。

 

クッション材の位置が難しく右に寄りすぎるとドアを締めるのがきつくなり、左によりすぎると隙間が見えるようになります。何度か位置を調整しちょうどいい位置に貼ることができました。これでほぼ隙間風は防ぐことができそうです。

“賃貸の古い玄関ドアからの隙間風がひどいため隙間風対策をしました。” への1件の返信

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントは受け付けていません。